新型コロナウイルスによる肺炎 一般的な損害保険の補償範囲について

このたびの新型コロナウイルスによる肺炎で地域医療の最前線に立っておられる会員の皆様におきましては、
ご自身や医院経営についてご不安な日々かと存じます。
損保事業部より新型コロナウイルスによる肺炎に伴う各種損害について、一般的な損害保険の補償範囲をご案内いたします。
 
 

火災保険に付帯されている休業損失の補償

火災保険に付帯されている【感染症による営業中止時の休業損失の補償】については、
新型コロナウイルスの場合は補償対象外の可能性が高いです。
上記のような休業損失の補償は、対象となる感染症を保険会社が指定していることが一般的です。
新型コロナウイルスは新しい感染症のため、対象外となる場合が多いです。
 

医療保険、所得補償保険など 疾病に関する保険

新型コロナウイルスによる肺炎は【疾病】に該当します。
例えば、被保険者(補償の対象となる方)が新型コロナウイルスによる肺炎になり入院した場合、
疾病による入院を補償する医療保険や、就業不能時を補償する所得補償保険にご加入いただいている場合は、
保険金お支払いの対象となる可能性がございます。(※各保険会社の約款で定める条件によります。)

ただし、被保険者以外の勤務医・従業員の方が新型コロナウイルスに感染し、診療所の営業ができなくなった場合は、
【被保険者本人の疾病による就業不能】に該当しないため所得補償保険の補償対象となりません。
なお、勤務医・従業員の方が業務中に新型コロナウイルスによる肺炎になった場合は、労災保険の補償対象です。
 
 

上記は、一般的な損害保険の補償範囲のご説明になります。
補償範囲は各保険会社によって異なりますので、詳細は現在のご契約の取扱代理店や引受保険会社へお問い合わせください。

医歯協でも医療保険・所得補償保険のお取り扱いがございます。
ご加入のご相談、資料のご請求は下記よりお問い合わせください。
 
 
 
お問い合わせ
■東京医師歯科医師協同組合 損保事業部
  • TEL:03-3256-3317(平日午前9時~午後5時まで)
  • MAIL:sonpo
  • お問い合わせはコチラ
  • 会員限定特典・プレゼント