<朗報>グループ保険、保険料が引き下げになります

10秒でまとめ読み
  • 平成30年5月、グループ保険の保険料が下がります。
  • 11年ぶりに、長寿化を受けて保険料算定基準となる「標準死亡率」が改定されます。
  • 平成30年4月から多くの生命保険会社が死亡保険料を引き下げる予定です。

医歯協グループ保険が平成30年5月より「標準死亡率の改定」を受けて新しい保険料が適用されます。
年齢、性別によりますが、約5%~29%保険料が引き下げられる予定です。
医歯協のグループ保険は、団体割引と特別優良割引30%が適用されているのでさらにお手頃な掛金になります!
ぜひ一度、新しい保険料をご確認ください!

標準死亡率の改定とは?
平成30年4月に保険料の算定基準となる「標準死亡率」が改定されます。
標準死亡率とは、公益社団法人日本アクチュアリー会が年齢別、性別に応じて一定期間の死亡率をまとめた一覧表「標準生命表」の数値で、昨今の長寿化を反映して、11年ぶりに改定されることとなりました。
この改定により、多くの生命保険各社では、死亡保険の保険料の見直しを進めており、平成30年4月の契約から引き下げとなることが見込まれます。

▼グループ保険、5月加入のお申込みは3/15まで。
資料請求フォームよりパンフレットをご請求ください。

画像名

お問い合わせ
■東京医師歯科医師協同組合 保険部
  • TEL:03-3256-2102
  • MAIL:mail-hoken
  • お問い合わせはコチラ

Photo Gallery

  • 写真を投稿