イメージで判断しない!FP目線で考える「掛け捨て」型保険の有効活用

掛け捨て型保険の有効活用

 

 

みなさん、こんにちは。FP1級技能士の原田です。
保険相談窓口を開設して間もないですが、おかげさまで多くの保険相談をさせていただきました。皆様ご自身の保障をしっかり考えられており大変素晴らしいなと思う一方で、多くの方から受ける印象的なことがあります。

 

それは「掛け捨て型保険に対する負のイメージが強い」ということです。

 

「掛け捨ての保険は絶対にいやなんです。」

「掛け捨て保険はもったいないから入りたくありません。」

 

と話される方が相当数いらっしゃいます。
(「貯蓄」と比べて「捨てる」という名前がそもそもマイナスイメージですから、仕方がないかもしれません。)

 

ただお金の面から家計の改善を図るFPの目線では、皆様からやや不人気な「掛け捨て型保険」を活用した方が良いケースもあるように思います。
保険選びは選択肢が多い方が有利です。そのため本日は掛け捨て型保険の活用※(※特に今回は生命保険)についてお話しをします。

 

1.はじめに:掛け捨て型の特徴

掛け捨て型生命保険の特徴は、まず保険料が比較的安いことが挙げられます。代表例として定期保険、医療保険やがん保険などがあります。
一方で、貯蓄型生命保険には終身保険や個人年金保険、学資保険などがあります。

 

貯蓄型は契約者から預かった保険料を運用して返却する資金部分が盛り込まれているのに対し、掛け捨て型には満期や解約などを行った時に返ってくる満期保険金や解約払戻金(解約返戻金)がありません。その分、保険料が安くなります。

 

2.理由:掛け捨て型保険のメリットについて

なぜ掛け捨て型保険も検討すべきなのか、それは以下のようなメリットがあるためです。

 

(1)保険料が安い

先ほどもご紹介しましたが貯蓄型の保険のように積み立て分の保険料を支払う必要がなく、純粋に保障のみを買っているため貯蓄型と比較すると安価になります。

 

(2)保障のみのシンプルな仕組み

いつ、どんなときにいくらのお金が戻ってくるのかを気にする必要がなく、貯蓄性が高いか低いかということも考える必要がありません。保険加入の判断もシンプルにその保障が必要かどうかだけを考えれば大丈夫です。

 

3.具体例:掛け捨て型を検討すべきシチュエーション

具体的には、お子様の学費を死亡保障で備える場合などがあるでしょう。

 

小さなお子様がいる家庭で、家計を支えているドクターが死亡した場合は、収入が途絶えてしまい、残された家族の生活費やお子様の学費などが足りないということになってしまいます。

各家庭によって死亡保障額は違いますが、ドクターの死亡に備えるには、お子様の学費等※(※医学部や歯学部への進まれることと想定)を勘案するとそれなりに大きな保障が必要になるでしょう。

 

このような高額な死亡保障は、掛け捨て型の保険である定期保険等で備えることを検討してみてください。なぜなら、貯蓄性のある終身保険で備えようとすると保険料が高くなってしまうことと、高額な死亡保障が必要な期間が15~20年と限定されている(お子様が大学卒業するまでを想定)からです。

 

4.留意点:掛け捨て型保険のデメリット

一方でデメリットもあります。

 

保障範囲に該当する事案が起こらずに保障期間が過ぎると、戻ってくるお金はありません。
そのため、ただお金を消費しているように感じてしまうので、保障を買っているといった理解が必要です。また保険を更新していく場合に保険料が上がっていくことも挙げられます。

 

このようなデメリットのため、必要な時期に掛け捨て型に加入して保障を手厚くし、不要になったタイミングでは減額、解約、もしくは更新をしない、という活用法が考えられます。

 

5.結論:掛け捨て型は安くてお得な保険

掛け捨て型の保険は、その呼び名からお金が無駄になるというイメージを持ってしまいがちですが、それは間違いです。割安に保障を買うことができるお得な保険で、いろいろと役に立つ保険です。

 

誤解のないようにお伝えしますが、掛け捨て型保険と貯蓄型保険の優劣をつけたいわけではありません。お伝えしたいことは、イメージが先行して、掛け捨て型のメリットを知らずに、貯蓄型しか検討しないことはご自身の保険選びの選択肢を狭めてしまい、保険料も割高になりがちなためご注意いただきたい、ということです。

 

状況次第では比較的安価な保険料で、必要な保障を持つことができる掛け捨て型保険の活用を検討してみてください。保険料の合理化ができると思います。

 

以上

 

 

『保険の相談窓口』にて保険相談受付中!

保険のことや将来のお金について一緒に考える相談窓口を開設しました!
ご相談はもちろん無料。是非ご気軽にご相談ください。

 

保険の相談窓口

▲こちらのバナーをクリック!

 

お問い合わせ
■東京医師歯科医師協同組合 損保事業部
  • TEL:03-3256-3317(平日午前9時~午後5時まで)
  • MAIL:sonpo
  • お問い合わせはコチラ
  • 会員限定特典・プレゼント